NPO法人 ワーカーズ・コレクティブ たすけあいぐっぴい|神奈川県横浜市|ひよこの保育室|ばぁばの家 あさだ|スマイル・ポート

  • この街で自分らしく 暮らし続けたい
 
 

NPO法人 ワーカーズ・コレクティブ たすけあいぐっぴいからのお知らせ

NPO法人 ワーカーズ・コレクティブ たすけあいぐっぴいからのお知らせ
 
たすけあいぐっぴい第15回通常総会開催しました
2016-05-24
 5月22日(日)に横浜市西区社会福祉協議会の会議室をお借りして、第15回通常総会を開催しました。
 
メンバー37名中22名の参加、17名の委任状により、総会は成立しました。
 
秋保理事長からのあいさつ
「2013年には高齢化率が25%になりました。また超少子化の時代に子育て支援制度がスタートしましたが、まだまだ働きたい女性にとって安心できる環境にはなっていません。社会保障制度の財源にも限りがあり、行政も市民の力を頼らざるを得ない状況になってきました。私たちは、人任せでなく、自分らしく生きるために自らが考えて行動することが必要と考えます。
 たすけあいの気持ちをもって、より大勢の人たちに私たちの活度を知ってもらい、仲間を増やして、地域を豊かにしていきます。」
 
総会終了後は、同じワーカーズ・コレクティブで保土ヶ谷区と西区を中心に配食サービスを展開している『じゃがいもの会』さんが作った美味しいお弁当を囲み、コミュニケーションを深めるとともに、一人ずつ思いを発表して和やかに終了しました。
 
新しい事業年度がスタートしました。メンバーみんなで決定した『方針・計画』に基づいて、今年度も楽しく!元気に!走り続けます。
 
ばぁばの家『のんげもけーな13号』アップしました
2016-05-09
 
みんなのまつりに参加して
2016-03-24
 312日(土)、一本松小学校で開催された、4地区第14回みんなのまつりに参加しました。

たすけあいぐっぴいは6回目の参加で、少し手慣れた感はありましたが、1月から出品作品つくりや食べ物容器の調達などの準備をすすめてきました。まつり開催当日も、調理とそのパック詰め、会場への運搬など本当に大変でしたが、お天気も良く、例年より多くの来場者があり、ばぁばの家スタッフに加えて、ばぁばの家に事務所を置く若者の就労支援団体『はっぴいさん』からも若者が参加しました。用意した食べ物は完売し、手作り品も好評でした。また他の団体との交流もできて有意義な一日でした。

(ばぁばの家あさだ 代表早川サタ子
 
認知症についての学習会報告2016
2016-02-01
 1月30日(土)ばぁばの家あさだで、西区在宅介護者のつどい『あけぼの会』の竹下淳子会長を講師にお招きして学習会を開催したところ、20名ほどの方々が参加しました。
 
認知症とは、通常の老化による衰えとは異なり、様々な原因で脳の働きが悪くなり、記憶力や判断力が低下して日常生活にまで支障が出る状態を指します。
・食事の後、食べたことを忘れてしまう
・物忘れをしている自覚がない
・家族などの身近な人や自分の家が分からなくなる
1年前と比べて、このような変化があったらすぐ専門の医療機関を受診することがすすめられています。
 
認知症は現在のところ根治が望めない病気ですが、その予防策は大変重要です。ちょっとした異変のサインを見逃さないようにしましょう。
 
次に認知症予防のための生活習慣をあげます。
1.運動など、積極的に体を動かす
2.青魚や緑黄色野菜をたくさん取る。水分補給を忘れず、よく噛んで食べる。
3.30分程度の昼寝をする
4.食事や睡眠の時間など規則正しい生活を送り、生活リズムを整える
5.脳を鍛える活動に取り組む(日記、調理、読書、カラオケ、園芸など)
 
また、糖尿病や高血圧やうつ病など、持病をコントロールして悪化させないことも、認知症予防にとても重要です。また、頭部のけがも認知症の発症につながりやすいので、転倒に気を付けましょう。
 
すでに認知症の方を介護している方へ
おひとりで抱え込まないで、不安や悩みなどは周囲に相談したり、公的サービスを利用しましょう。
家族会や、横浜市や神奈川県の認知症相談窓口もあります。
 
(横浜市健康福祉局 高齢在宅支援課のリーフレットから抜粋)
 
西区在宅介護者のつどい『あけぼの会』では、お食事会や、クリスマス会などのさまざまなイベント、また西区市民活動支援センターで毎月第3土曜日に『わたぼうしカフェ』という認知症カフェも開催しています。
 
認知症への正しい理解を深め、地域の中でたすけあうことの大切さを改めて実感した学習会でした。
 
 
 
 
 
 
認知症学習会その2
2016-01-14
 昨年の認知症学習会が好評でしたので、第2回の学習会を開催します。
    ・認知症ってどんな病気?
    ・どんなタイプがあるの?
    ・気を付けることは?
認知症の方への適切な援助と留意点について、具体的な事例でお話します。
 
日時:2016年(平成28年)1月30日(土)
   10:00~11:30
場所:ばぁばの家あさだ(西区境之谷30-6)
講師:「西区介護者のつどい代表」竹下淳子さん
 
どなたでも、無料で参加できます。
おおぜいのみなさまのお越しをお待ちしております。
 
 
新年のご挨拶
2016-01-05
明けましておめでとうございます。
 
メンバー一同、新たな思いで新年を迎えています。
 
今年は申年(さるどし)。
『申』という文字はそもそも稲妻という意味らしいのですが、
漢書によればまた、樹木の果物が熟して固まっていく様子をさすようです。
 
しかし、私たちが申年と言って思い浮かべるのは、あの動物の『さる』。
群れをつくり、活発でポジティブなイメージがありますね。
私たちもさるに倣って、こまめに、また仲間と一緒に、今年も活動してまいります。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
たすけあいぐっぴい
理事長 秋保清美
 
 
年末年始休業のお知らせ
2015-11-10
 たすけあいぐっぴいの年末年始の休業日についてお知らせいたします。
 
休業日:12月29日(火)から2016年1月3日(日)
 
・事務所・生活支援事業 : お休みです。
・介護保険事業     : 通常通り訪問させて頂きます。
・コラボライフ戸部   : 通常通りです。
 
ばぁばの家あさだ5周年記念式典
2015-11-10
 おかげさまをもちまして、ばぁばの家あさだは開設から5周年を迎え、
11月9日(月)に、地域の方々や行政の方々をお招きして、記念式典を開催しました。
 
来賓の方々からのあたたかいご挨拶ののち、
この5年間を振り返るスライドショーが上映されました。
そののちも、ご出席くださった方たちからのメッセージも頂戴し、
大盛況のうちに終了いたしました。
 
また、5周年を記念して、機関誌『のんげもけーな増刊号』が発行されました。
こちらもぜひご覧ください。
 
 
西区市民まつり参加
2015-11-02
 11月1日(日)好天のもとに、西区民まつりが開催されました。
 
たすけあいぐっぴいは、戸部公園運動広場で、手作りみそのみそ田楽の販売と、ばぁばの家バザー品や手仕事クラブの手芸品販売、ケアマネージャーによる介護相談で出店しました。
 
みそ田楽は大人気で午後1時には完売!!
(毎年、楽しみに買いに来てくださる方々、ありがとうございます)
バザー品や手芸品の販売でも、おおぜいの方たちのご来訪がありました。
簡単な介護相談もお受けすることができ、
実りの多い一日でした。
 
ぐっぴいメンバーもおおぜい参加し、活動をアピールできました。
さて、来年はどんなまつりになるでしょうか。
 
 
ばぁばの家文化祭開催
2015-11-02
 11月10日(火)から12日(木)まで
境之谷にある『ばぁばの家あさだ』で、オープン5周年記念文化祭を開催します。
 
認知症予防の講習会、バイオリンコンサート、海苔巻きやヘアピンづくり企画など
お子様からご年配者まで楽しめる企画を毎日開催します。
 
期間中は利用料は無料です。
(ただし一部の企画は材料費を頂戴します)
 
お誘いあわせのうえ、ぜひ、お越しください。
 

NPO法人
ワーカーズ・コレクティブ
たすけあいぐっぴい
神奈川県横浜市西区戸部本町
50-21

プエルト横浜705
TEL.045-311-0233
FAX.045-311-0289
──────────────
介護保険
生活支援
居宅介護

ばぁばの家 あさだ
プエルト横浜
ぐらんまの家
──────────────

 
011770
<<NPO法人 ワーカーズ・コレクティブ たすけあいぐっぴぃ>> 〒220-0041 神奈川県横浜市西区戸部本町50-21
プエルト横浜705
TEL:045-311-0233 FAX:045-311-0289